日本ハンバーガーで世界一に挑む、PLATE IT UPの中島さん

幕末に⻄洋の食肉文化が日本に伝わり、当初は手の届かなかった洋食が大衆食として進化していった。 欧米の食文化に影響を受けたハンバーガーは、日本でも大流行した。コロナの影響に伴い、シンプルなパッケージと持ち帰りのしやすさからハンバーガーが急速に普及し、ついに、2022年には日本で初のハンバーガー選手権が開催された。

“俺のハンバーガーは世界一だ!”

“勝負 “してみないとわからない!?”

この大会を企画した中島さんは、友人の店が世界一のハンバーガーかどうかを証明するために開催することを思いついた。

過去、日本で食のイベントといえば、一番印象に残っているのは大食いバトルでしょう!?しかし、イベントを開催する過程で、アメリカには食の選手権を専門に行う協会があり、食の評論家のような、主観的なものではなく、スポーツ競技のようなルールがあり、すでに各国で優勝していないとアメリカでの出場ができない大会があることを知った。 そこで中島さんは、日本一のチームを見つけるために、日本でハンバーガー選手権を開催することにしたのだ。

 

今回の優勝は、どのような背景から実現したのでしょうか。

 

中島氏は 16 歳から飲食業界に入り、イタリアンレストラン、焼肉店、焼き鳥屋、寿司屋、ステーキハウスなど、ありとあらゆる店で働き、その結果、飲食に関する豊富な経験を積み重ねてきました。

さらに、その情熱から、ソ ムリエの資格を多数取得し、ワイン、ビール、日本酒を知り尽くしています。 しかし、2 年間のアメリカでの英語留学を経て、日本での就職の際に転んでしまった。

 

2009 in NY

 

中島さんは、「まだ若いし、卒業後 2 年間アメリカに行って英語力をつけてきたと言おうと思ったのですが、日本では新卒でないと採用してくれない企業が多くて、就職がうまくいかなかったんです」という。

現実を目の当たりにしても、中島さんの飲食業への熱意は冷めず、焼鳥屋で働きながら自分に合った仕事を探すことにした。 神様がドアを閉めれば、別の窓が開くということわざがあるように、中島さんも、まさか自分が働いていた焼肉屋で運命の人に出会うとは思ってもみなかっただろう。

“若者よ、我々と一緒に働くことに興味はないか?” その熱意を見た、たまたまお客として訪れていた東京アメリカンクラブの料飲本部長が、声を掛けてくれた。中島さんは、自分の飲食への情熱と、外国語のスキルを組み合わせるチャンスだと思ったのだろう。 ウェイターからスタートし、レストラン部門のマネージャーまで上り詰めた。

 

Chop Steakhouse, Tokyo American Club

 

なぜ、「英語メニューの添削」を提供するビジネスを始めようと思ったのですか? 自分のレストランを開く代わりに?

 

ある日、友人たちと居酒屋で飲み食いしていると、隣のテーブルで、外国人グループに遭遇した。 中島氏は、その店が訪日外国人にいかに日本料理を紹介するかを楽しみにしていた。手元に渡された英語メニューを見ていた外国人は、カウンター裏に掛けられた、黒板メニューを指差すと、「そこには何と書かれているのですか?」と店員に尋ねた。

“No, there is nothing.(いやいや、何もないんです)”

本来ならその日のオススメは黒板に書かれているもの。言葉の壁で外国人観光客に、日本の食文化を紹介する絶好の機会を逃したことに気づかず、「看板メニューはお客様に提供していない」と慌てて手を振る店員を見て、中島さんはショックと悲しみを覚えたという。 そこで中島は、外国人のお客 様に対する日本料理店の対応力を高めるために、英語のメニュー添削サービスを提供することを思いついた。

当時、彼の家にはすでに3人の息子がいたことを考えると、独立開業となるとさらに経済的な負担が重くなる。 そこで中島氏は、東京アメリカンクラブでの職務を続けながら、「PLATE IT UP」を立ち上げることにした。

 

優勝の効果はどうだったのでしょうか?

 

当初は「英語メニューの添削サービス」を提供していたが、知名度もなく、ターゲットとなる市場もなかったため、多くの日本食レストランが無料でサービスを 提供しても断ってきた。

今回、友人の軽率な発言がきっかけで選手権を準備することになり、日本テレビや TBS から注目されただけでなく、同社のブランド価値を高めることに成功した。

振り返ってみると、中島さんは自腹を切って開催に漕ぎ着けただけでなく、毎週仕事の休みの日の度に準備を進め、本番に間に合わせたのである。 当初は2021年に開催予定でしたが、 コロナの影響で延期を余儀なくされた。

中島さんが目指すのは、さまざまな困難を乗り越えて、日本と世界の架け橋になることだ。

“ハンバーガー選手権の開催により、日本を世界に発信し、一方、英語メニューの提供や、世界からの旅行者に日本の食文化をよりスムーズに紹介する方法を学ぶために、より多くのレストランに参加していただき、双方向の良い循環を作りたいと考えています。”と中島さん。

 

Shogun Burger, Winner of 2022 Japan Burger Championship

 

次のステップや目標は何ですか?

 

ハンバーガー選手権で優勝した「Shogun Burger」は、ハンバーガーの肉に和牛を使用したもの。 短期的な目標は、資金準備を完了させ、日本チャンピオンチー ムをアメリカに連れて行くことです。 和牛の香りと、噛まずに口の中で感じる美 味しい肉汁で、世界の強豪にも良い結果を残し、和牛を世界の舞台で輝かせたいと思います。

長期的には、今年のジャパン・バーガー・チャンピオンシップが好評で、今後の開催を検討する多くのパートナーが集まっています。また、アメリ カのフード・チャンピオンシップに「ライス&ヌードル」が加わり、日本の寿司やラーメンを通して世界と競い合うことを楽しみにしています!」。

 

 

中島さんの米国大会に向けた資金計画をサポートするために、以下のサイトをご参照ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/612802

 

//original article by Peggy Liu; translated by deepl; edited by Teru Nakajima

日本職活 Worklife In Japan

文章發布帳號
如果有興趣投稿(匿名可)或是想推薦訪問對象, 請和我們聯絡
contact@worklifeinjapan.net
日本職活 Worklife In Japan
No Comments

Post a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.