豊洲青果市場へ見学ー青果卸売業における変化と挑戦

豊洲市場の前身である、築地市場は、1935年(昭和10年)から2018年まで83年間にわたり、都内/関東近県の住民に新鮮な野菜と果物を供給してきた。しかし、設備の老朽化やそれに伴う衛生管理上の問題から、1991年(平成3年)東京都は、現在地再整備の改修事業を開始。しかしながら、費用と工期が膨大になることが判明し、2001年(平成13年)に豊洲地区に移転することを決定。2018年(平成30年)に移転完了し、同年10月11日に開場した。築地市場の整備計画は実行まで約20年を要した。READ MORE

拜訪豐洲青果市場 – 日本果菜販賣的變化和挑戰

豐洲市場的前身築地市場從1935年(昭和10年)至2018年已經為東京都內及近郊的住民提供了80多年的生鮮和蔬果產品。然而在設備老化及伴隨的衛生管理需求改變, 東京都政府從2001年(平成13年)決定轉移據點到豐洲, 並於2018年(平成30年)完成搬遷並開始營運, 總共花了近20年的時間整備計劃和執行。READ MORE

從高知到豐州的距離─用味覺體驗一座城市

去年的初冬下午,高知的弘人市場裡。

跟好久不見的朋友坐在居酒屋裡敍舊,這些年不見,他酒量好像變好了。在農家裡工作的他笑著說這裡是「海+山+太陽還有酒,就是高知了,歡迎來到高知。」

入郷隨俗,朋友用土佐流的敬酒方式,開始將酒注進倒進他的杯子。READ MORE